ビジネクストが加盟している個人信用情報機関とは

ビジネクストビジネクストが加盟している個人信用情報機関は、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)の3つです。

個人信用情報機関とは、キャッシングやカードローン、クレジットカードやクレジットローンなどの利用状況を照会・閲覧できる機関ですが、私たちが何らかのローンを利用する際には、金融会社が提携している個人信用情報機関に、必ず記録される仕組みとなっています。

個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関とは、キャッシングやカードローン、クレジットカードなどを発行している金融機関や金融会社が加盟している機関です。個人信用情報機関の役割は、ローン利用者の利用状況や申し込み情報を記録・保存し、記録した情報を加盟している金融機関や金融会社に情報として提供することです。

私たちの情報が個人信用情報機関に記録されることで、金融機関や金融会社は利用者の信用度を把握することができるようになります。

金融機関も金融会社も慈善事業ではありませんので、お金を借りて返さない人、何度も返済が遅れている人に対しては、その後の貸し倒れリスクが高いと判断します。貸し倒れリスクが高いと判断されるとローンの審査に通らなくなるのです。

また、利用者の借り過ぎ、貸し過ぎを防止するためにも、個人信用情報機関に記録されている情報を元に、金融機関や金融会社は随時確認を行っています。

ビジネクストが加盟している個人信用情報機関の詳細

ビジネクストが加盟している個人信用情報機関は、下記の3つになります。個人信用情報機関は、それぞれに特徴がありますので、個人信用情報機関ごとの特徴を把握することで、自分自身の信用度をチェックすることができます。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社日本信用情報機構(JICC)は、主に消費者金融系のキャッシングサービスを行っている金融会社が加盟している団体です。ただ最近では、消費者金融系の金融会社が、銀行や信販会社と合併・提携することが多くなっていますので、現在のJICCの加盟状況は、都市銀行や地方銀行、信用金庫、クレジットカード会社や信販会社なども加盟しています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

株式会社シー・アイ・シー(CIC)は、主にクレジットカード会社や信販会社が加盟している団体です。ただ最近では、金融機関や金融会社の合併・統合が相次いでいますので、現状ではほぼ全ての金融機関や金融会社が加盟している状況です。CICは、個人信用情報機関の中でも、加盟している金融機関や金融会社が1番多い信用情報機関となります。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)は、主に金融機関が加盟している団体です。全銀協は、銀行や信用金庫などから融資を受ける際には、必ず照会される信用情報機関です。また、法人が銀行などから融資を受ける際にも利用状況などが記録されます。

ビジネクストで融資を受けるには?

ビジネクストが加盟しているJICC、CIC、全銀協の3つは、個人信用情報機関の中でも、ほぼ全ての金融機関・金融会社が加盟している信用情報機関です。

そのため、ビジネクストで融資を受ける場合には、個人で利用しているキャッシングやカードローンはもちろん、クレジットカードや自動車ローン、住宅ローンなどの利用状況がどのようになっているのかが重要なポイントです。また、法人として融資を受けている場合には、それらの利用状況も重要なポイントとなります。

仮に、個人で利用しているキャッシングやクレジットカードで、毎月の返済に遅れや延滞がある場合には、ビジネクストで融資を受けることが非常に難しくなります。

ビジネクストは、個人でキャッシングやクレジットカードを利用していても、ビジネスローンとして融資を受けることができますが、ただビジネクストは無担保・無保証のビジネスローンですから、毎月の返済で遅れや延滞があると、保証人無し・担保無しの融資が難しくなるのです。

返済の遅れや延滞は、金融会社が1番嫌うものとなりますので、毎月の返済はしっかりと行うことが重要です。

このページの先頭へ